ノンケミカルのおすすめの日焼け止め


日焼け止めには、その成分から三つのタイプがあると考えていいでしょう。

まず、「紫外線吸収剤」が配合されているもの。「紫外線散乱剤」が配合されているもの。「吸収剤」と「散乱剤」の両方が配合されているものです。

吸収剤は「t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン」「メトキシケイヒ酸オクチル」「オキシベンゾン」といったものが代表的です。

これらは化学的に合成して作られます。

お肌の上に塗られ、紫外線を受けると、まずはそのエネルギーを吸収します。

そして自らは化学変化を起こし、紫外線のエネルギーは熱に変換します。これで紫外線を食い止めるのです。

効果は絶大です。が、化学変化をした結果、元とは違う成分ができます。これがお肌に吸収され、アレルギーの元となったり、肌荒れを引き起こすことがあります。

お肌の弱い人ならば、紫外線によるダメージを防ぐのと、吸収剤が変化してできた成分のダメージとどちらが大きいか、ちょっと分からないぐらいです。

なので、できれば紫外線散乱剤のみのものを使いたいものです。

散乱剤は酸化チタンなどのミネラルでできています。お肌をカバーして、物理的に紫外線を跳ね返します。化学変化することもなく、お肌への刺激は少ないのです。

このタイプのものは「紫外線吸収剤不使用」とか「ノンケミカル」といった表示がされています。

具体的な商品を一つ挙げると、オルビス(ORBIS)の「サンスクリーン(R)オンフェイス」です。

汗や水によるメーク崩れにも強いので、化粧下地としても使えます。



美白化粧品お助け組 TOP